設計総務部 その15

今月14日、東京で桜の開花が宣言されました。
雪やみぞれが降る中の幻想的な光景でした。
不思議に思いましたが、前日までの暖かさで開花したのだそう。
なんと観測史上最も早い開花だそうです。

寒暖の差が激しい日々が続き、気圧の乱高下で体調が優れぬ方も多いのではないでしょうか。
体調と言えば、例の感染症。
マスク消毒用品の品薄もまだまだ続いておりますね。

今や外出に必須となったマスクですが、個人的に悩みがあります。

耳が痛いのです。

マスクに贅沢を言っていられなくなったせいで、小さめのものでも使わざるを得ません。
眼鏡をかけていると耳が余計につらくなります。

私は最近知ったのですが、そんな悩みを解決するグッズがあるのをご存じですか?
首の後ろで固定するためのクリップや、耳の当たるゴム部分を保護するカバーなどで、
普段なら雑貨店や100円均一でも取り扱っているそうなのです。
ただ、今はマスクがどこへ行ってもないような有様ですので、便利グッズもあるとは限りませんね。

そこで、「警視庁警備部災害対策課のTwitter発信のアイデア」を活用していきたいところです。
マスクの左右の紐を『輪ゴム(ヘアゴム)』や、書類をまとめるのに使うあの『クリップ』を使って繋ぎ、
耳ではなく後頭部(もしくは首)に掛けるというやり方です。
長さ調節は、ゴムやクリップを2つ使うなどで対応できるそう。
画像がないとイメージがつかみにくいかもしれませんが、とっても簡単ですよ。
ネットで検索してみてください。

桜がほころび、道端の水仙が香りはじめ、春の気配はすぐそこにきております。
暗いニュースばかりですが、春の華やぎにも目を向け、顔を上げていきたいものですね。

PAGE TOP